ジムよりも密度の高いパーソナルトレーニング

食生活のアドバイス

パーソナルトレーニングでは食事についても助言がもらえます。

ジムでのトレーニングメニューだけではなく、パーソナルトレーニングでは日常の 食事についてもメニューの提案をしてくれます。 どれほど過酷なトレーニングを繰り返してマッスルに磨きをかけても、食事に 無頓着では優秀な筋肉を纏ったマッスルボディにはなれません。 そしてダイエットに対しても同じことが言えるでしょう。 ルームランナーで大量のカロリーを消費しても、2時間後にはダブルサイズの ハンバーガーとポテトのLサイズとコーラを胃袋に流し込んでしまったら、ジム で頑張って贅肉を落としたとしてもその努力は報われないのです。 大量の汗を額や腋の下から噴出させて少しは引き締まったバディーになったところで、 エネルギー補給をそれ以上に行ったら差し引きはゼロに近くなるでしょう。 ハンバーガーでなくても暴飲暴食はダイエットの大敵ですし、スポーツジムで強靭 な肉体を目指している人は禁じるべき行為です。 まあそのくらいは大抵の方ならば自覚しているので滅多にやらないでしょうが、 ダイエットや鍛錬との相性が悪い食事メニューというのもあります。 これは個人の状況により変化しますし、「これは食べないほうがいいよ、もっと こんなメニューを中心にしましょう」と万人にアナウンスできるものではありません。 筋肉の付き方、どんな痩せ方をしたいか、どこをパワーアップさせたいのか、そう したことを総合的に考えて考案されるものです。 ダイエットではいろいろな食事制限の方法が雑誌でも頻繁に特集されていますが、 誰にでも確実に効果があるわけではありません。 もしも本当に全ての人間が痩せられるのであれば、こんなにいくつものダイエット法 が開発されるはずがないのです。 1つの完璧な方法、それだけが残ってあとは誰も気にしないまま忘れ去られて しまってもおかしくはないからです。 世の中に複数の、しかもかなりの数のダイエット法が蔓延している理由は、その効果 には個人差があるからだと考えるのが自然でしょう。 カウンセラーが個別に診断して最も効果のありそうなダイエット方法を提供する、 そうしたことが簡単にできればいいのですが現実的にはそのような施設は多く存在 しませんし難しいと予想されます。 なので多くの人に少しは効果がありそうな方法を提示するのですが、大きな効果が 見込めなかったり人によってはまったく痩せられない、ということもあるのです。 ですがパーソナルトレーニングなら個別にカウンセリングして最適と思われる 提案を行えるので、食生活に関するアドバイスも的確なのです。 普通のスポーツジムでも別料金を支払えば専属のトレーナーに指導をしてもらうことは できますが、それでも施設内での限られた時間、トレーニングに関する指導のみに 限定されているようです。 食事面や生活習慣についてはノータッチなので、どちらがより質の高い指導なのかは 言うまでもありませんがパーソナルトレーニングに軍配があがるでしょう。 真剣に鍛えようとしていない人やスタイルを気にしていない人にとっては迷惑な アドバイスになりそうですが、本気でトレーニングをされる方ならこの特典は 決して見逃せないポイントになるのです。 月曜日にジムで贅肉を削除して火曜日に復活させる、そんなパターンを繰り返したく ないのなら、食事面でも相談に乗ってもらえるパーソナルトレーニングに水曜日 あたりに通う習慣を付けてみてはどうでしょうか。 水曜日は観たいテレビ番組がある、他の習い事をしている、のであれば木曜日でも 金曜日でも構わないので、一度問い合わせの電話をしてトレーナーの予約をして みるといいでしょう。 気に入ったのなら定期的に指導してもらえばいいですし、まずはどのようなもの なのか体験することをお勧めいたします。